こだわりを持って結婚式場をチョイス|自由に演出できる

挙式に必要な挨拶

招待状

雰囲気やテーマに合わせる

結婚式を挙げることが決まったら、ゲストに対して招待状を出すのが一般的です。個性を生かしたオリジナルのデザインのものも良いですが、結婚式には様々な年代のゲストが集まります。一風変わった面白いアイディアの招待状も人気ですが、雰囲気やテーマに合わせて招待状を作るようにすると統一感が出ます。様々なゲストを迎えるために、万人にとって良い印象となる招待状を意識して作ると良いと言えます。招待状作成の手順としては、結婚式の4か月くらい前からリストを作成して文面など具体的な内容を決めます。3か月くらい前になったら、完成させて郵送する人には早めに送り、身近な人には手渡しをしてもいいでしょう。招待状は少し多めに作っておくと後々調整しやすいと言われています。

目上の人には手渡しが基本

結婚式の招待状は、友人をはじめ知人、会社関係の人、恩師など様々な人に送りますが基本的に目上の人には手渡しします。住んでいるところや都合などの関係で全ての人に手渡しすることが出来なくても、出来る範囲内で手渡しするようにします。招待状を渡す前に一度結婚の報告を入れてから招待状を持参するようにします。どうしても都合が合わない場合や遠方の場合などは、一度連絡を入れてから郵送するのが一般的です。手渡しする場合は、封をせずにそのまま渡し返信用のはがきにはあらかじめ切手を貼っておくことも忘れないようにする必要があります。招待状の準備は、手間も時間もかかるので出来るだけ早く準備を始めておくとスムーズに進みます。

Copyright © 2016 こだわりを持って結婚式場をチョイス|自由に演出できる All Rights Reserved.